Q&A

24時間、深夜・早朝も対応
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
葬儀事前相談

会葬者から良くあるQ&A

  • お香典のお札は入れ方が決まっているのでしょうか?

    お札は向きを揃えて、表側(顔が書いてある面)が中袋の裏側になるように入れてください。一般には古いお札を入れますが、もし新札しか用意出来ない場合は折り目をつけて包みます。中袋にお札をいれた後、不祝儀袋へそのまま入れます。
  • お通夜にも参列したのですが、告別式でも記帳はしないといけないのでしょうか?

    御通夜のときに受付で記帳した場合はなるべく記帳をしましょう。記帳をしておくと、2日間とも来ていただいたことがご遺族にわかり、お葬式が終わった後で何かと助かります。
  • どうしても弔問に伺えない場合はどうすれば良いのでしょうか?

    お通夜や告別式に出られない場合には、下記の方法が考えられます。 ①弔電を打つ。または、お花を送る。 ②弔電を打った後で、改めてお悔やみを送る。 ③お香典を郵送する。この場合、お香典を不祝儀袋に入れ、現金書留でお悔やみ状を添えて送ります。 いずれの場合も、後日に連絡をいれて弔問にお伺いすると、より丁寧です。
  • お香典はいくら包めば良いのでしょうか?

    お香典は、葬儀費用に対する相互扶助の気持ちから発祥したものです。 かつては者を渡していた時代もありましたが、現在は金銭が一般的です。金額は故人との関係や弔問に訪れる方の年齢、お気持ちなどによって変わりますが、目安として一例を紹介します。 近隣の人:3,000円・5,000円 一般の会葬者:5,000円・10,000円 会社関係者:5,000円・10,000円 ご親族:10,000円・20,000円・30,000円 血縁の濃いご親族 50,000円・100,000円 なお、結婚式の場合は偶数が頭につく金額は「割れる」ことから演技が割るいとして割ける傾向にありますが、仏事の場合にはさほどきにされなくてもよいでしょう。
  • 危篤のお知らせを受けた場合は、どうしたら良いでしょうか?

    親族や知人の危篤の知らせを受けたら、冷静に状況を把握して可能な限り駆けつけるようにします。 知らせを受けた際には、服装は派手でなければ普段着で構いません。訪問の際は「お力を落とさぬように」とご家族にお声をかけ、あまり長いをせず早めに失礼します。
  • 訃報のお知らせを受けた場合は、どうすれば良いでしょうか?

    近親者であれば、できるかぎり早く駆けつけ、手伝いを申し出るなどして、ご遺族を支えてあげましょう。 また、お式の日程と場所をしっかりと確認するほか、喪服を用意するなど弔問の準備もしなければなりません。ご遺族にとって大変なときだという認識を持ち、しっかり心配りをしてあげることが大切です。
  • どうしても弔問に伺えない時は、どうしたら良いのでしょうか?

    お通夜や告別式に出られない場合には、下記の方法が考えられます。 ①弔電を打つ。 ②弔電を打った後で、改めてお悔やみ状を送る。 ③お香典を郵送する。この場合、お香典を不祝儀袋に入れ、現金書留でお悔やみ状を添えて送ります。 いずれの場合も、後日に連絡を入れて弔問にお伺いすると、より丁寧です。
  • ご葬儀の後に訃報を知った時は、どうすれば良いのでしょうか?

    ご葬儀が済んだ後に訃報を聞いた時は、まず電話か手紙でお悔やみの言葉を先方に伝えます。その際に先方のご都合を聞いて、早めに弔問に伺うよにしてください。できるだけご納骨までに行うのが望ましいでしょう。なお、ご葬儀から間もない場合は、ご遺族の心労や忙しさに気を配ることを忘れないようにします。
  • どのような服装で参列するのが良いのでしょうか?

    御通夜は平服(普段着)でかまいませんが、なるべく地味な服装を心がけましょう。通常、告別式は礼服を着用して参列します。しかし、時間的な余裕がない場合には、黒っぽい色の平服でかまいません。男性は、できればネクタイと靴下を黒にするとよいでしょう。女性は、地味なスーツかワンピースに黒の靴を合わせます。弔問のときはアクセサリーをつけないのが一般的ですが、パールのネックレスやブローチなどは着けてもよいとされています。
  • 神道の玉串奉奠(たまぐしほうてん)は、どのようにすれば良いのでしょうか。

    1、玉串は根元を右手で、葉の方を左手で受け取り、旨のあたりで持ちます。 2、案(玉串を置く台)の前に進みます。 3、根元を手前にしてまっすぐに持ち、時計周りに90度回転させて葉先を手前にします。 4、根元を祭壇に向けておきます。 5.祭壇に向って二礼・二拍手(音を立てない)・一礼をします。 6、向きを変えて神職と遺族に一礼し、自分の席に戻ります。
  • キリスト教での献花はどのようにすれば良いのでしょうか?

    1、花を一輪受け取ります。花が右に、茎本が左になるように両手で花を持ちます。 2、献花台の前に進み、花を時計回りに90度回転させて手前にします。 3、献花台に花を供え。そのまま1・2歩下がります。 4、深く一礼した後、司式者(神父か牧師)と家族に一礼して自分の席に戻ります。 ※一般的にカトリックでは神父、プロテスタントでは牧師と呼びます
  • 「会葬」と「弔問」はどのように違うのでしょうか?

    会葬:一般的に「葬儀・告別式」に参列することをいいます。 弔問:「通夜」に参列することをいいます。
1 / 212
0120-378-024 葬儀事前相談